MENU

利用規約などをよく読む

クレジットカードとスマホ

最後の見直しも大切

カードローンを利用したい時、もしも審査に通るかどうかが心配な場合は次の点に注意しましょう。まずは緩い審査の会社を探す時ですが、稀に闇金が紛れ込んでいることがあります。金融庁のホームページなどで健全な正規の会社であることを確認してから連絡を入れましょう。たとえ審査が緩い手頃な会社を見つけても、確認せず飛びつくのは厳禁です。次に申し込み手続きですが、審査落ちが心配だからといって、複数のカードローンに同時期に申し込んではいけません。そのような複数同時申し込みの情報は、ローン会社には筒抜けです。残念ながら、それは審査には不利になってしまう情報ですので慎みましょう。そして実際に審査が緩いカードローンに申し込む際には、事前に利用規約をしっかりと読んでおくことも大切です。たとえば20歳前後の若者や60代の高齢の方の場合は、年齢制限に抵触してしまうこともありますので気を付けましょう。それに身分証明書や収入証明書、その他の必要書類は間違いなく揃えます。また、在籍確認などについても理解しておきましょう。ところで審査が緩いカードローンは確かに属性の低い人には大きな魅力でしょうが、その代わり金利は高くなってしまう傾向があります。ですから事前の返済計画は特に念入りに立てておきましょう。一括返済できればそれに越したことはありませんが、もしも返済が長期間にわたるなら尚更です。もしもリボ払いになるなら、事前に返済シミュレーションをしておくべきです。