MENU

申し込む前に把握しておく

財布

金利は固定される

住まいを購入するためには多くの資金が必要となりますが、安心して住める家があることはとても重要です。また、家族がいる場合は子供に残していくことができるので、購入すれば大きな財産となります。そのため、手元に購入するだけの資金がなかったとしても、金融機関の住宅ローンを利用し、毎月返済する形を選ぶ人は多いです。住宅ローンを組む場合、フラット35は魅力的な選択肢の1つとなるため、検討することをおすすめします。ただ、申し込みを行う前に把握しておきたいのが、フラット35は金利が固定されることです。借入時に返済が完了するまでの金利と返済額が決まることは、長期で返済をするうえでわかりやすい点は魅力の1つです。しかし、借入時よりも大幅に金利が下がる状況になった場合は、高いままの金利で返済を続けることになるため、もったいないと感じる可能性はあります。もちろん、借入時よりも金利が高くなる状況も考えられるので、そうなればお得な判断だったと言えます。借入時に未来の金利の動向を正確に予測することは難しいですが、対策を立てておけば慌てる必要はないです。たとえば、借入時よりもフラット35の金利が低くなった際は、他の金融機関の住宅ローンへの借り換えを検討すると良いでしょう。そのためには、フラット35の繰り上げ返済が必要となります。フラット35は繰り上げ返済の手数料がかからないので、実施するうえでの負担はないです。ポイントは繰り上げ返済後の借り換え先がお得かどうかなので、最もお得な金融機関を見つけられるように努力し、そのうえで繰り上げ返済の手続を実施することが大事です。