MENU

通りやすい月はあるか

カード

IR情報から確認する

一昔前であればカードローンは、3月や9月といった期末に申込みをすることで、消費者金融は貸付ノルマを達成させる審査が甘くなる、緩い傾向になるといった噂がありましたが、それが本当であったとしても現在は、過剰融資防止のために総量規制がありますし、ノルマ達成のために無茶貸しをしてしまうと法令違反となってしまいますので、期末時期に申込みをしたから審査が緩い、甘くなるといったことはないのです。実際にカードローンの審査が緩いかどうかを確かめる方法があります。それはIR情報です。上場している大手消費者金融カードローン会社であれば、投資家向けにIR情報として申込者数、契約者数を月別ごとに公開をしています。これは、消費者金融のホームページから確認をすることができます。契約者数を申込者数で割れば、何パーセントの人が契約に至っているか、審査通過率が分かります。月別に数値が公表されていますので、審査の緩い時期とそうでない時期が分かります。しかし、これを確認したところで3月が契約率が高かったから来年の3月に申込みをしようとしても審査基準は経営用状況や法律改正などによって変わっていきます。そのため必ず借りれるといった保証はどこにもないのです。カードローンの審査が緩いかどうかを比較するのであれば、会社ごと比較をすることです。A社は30%前半だけれどB社は40%代の契約率といったように、分かりますので審査が緩い会社を見極めるひとつの方法になります。